オンライン英会話×カランメソッドの効果

オンライン英会話×カランメソッドの効果やいかに?

*

イングリッシュベルとイーメソッド

   

イングリッシュベルと同じ会社のふた鶴合資会社が運営しているオンライン英会話がイーメソッドで、こちらのスクールでもカランメソッドを進化させたDMEメソッドが採用されております。

4倍のスピードで英語を学べるというのが大きな特徴で、英会話に必要な4つのスキルを習得できるということで注目を浴びているのです。

このイングリッシュベルとイーメソッドは姉妹校で、「どちらのスクールを受講した方が良いのか?」という疑問を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。

「入会金が無料」「24時間開講している」「レッスンを提供している講師が一緒」という共通点はあるものの、幾つかの違いが生じております。

そこで、このページではイングリッシュベルとイーメソッドの違いをご説明しているので、どちらか迷っている生徒は是非参照してみてください。

 

予約システムの違い

同じ講師のレッスンを受けられる2つのスクールですが、予約システムに違いが生じております。

イングリッシュベルは1週間前からレッスン開始15分前の予約なのに対し、イーメソッドは3日前からレッスン開始15分前までとなっているのです。

つまり、人気の講師はイングリッシュベルの生徒が抑えている可能性が高く、イーメソッドでは予約を入れにくいというデメリットがあります。

レッスンのキャンセルに関しては6時間前と一緒で、イーメソッドの場合は1時間前となると50%のポイントが消費されるので注意が必要です。

 

料金の違い

イングリッシュベルは回数制、イーメソッドはポイント制の料金プランが取り入れられているので、正確に比較することはできません。

しかし、イーメソッドの方がイングリッシュベルよりも安く、有効期限も長いという特徴があります。

イングリッシュベルでは有効期限が40日間と少々短いものの、イーメソッドは180日間と長めに設定されているので、定期的に受講していればポイントを使いきれないことはないでしょう。

 

カリキュラムの違い

イーメソッドはカランメソッドとDMEメソッドの2種類しかカリキュラムがないのに対し、イングリッシュベルではたくさん用意されております。

「日常英会話クラス」や「発音クラス」、「TOEICクラス」や「CNNクラス」など、個人の目的に合わせて決められるのです。

「安い料金でDMEメソッドを受けたい」という生徒はイーメソッドの方が適しているかもしれませんが、色々なカリキュラムで英語の学習を続けていきたいのであれば、イングリッシュベルに入会するのがベストだと言えます。

 

>>> イングリッシュベルの無料体験

 

 - イングリッシュベルについて

  関連記事

イングリッシュベルについて

24時間開講している数少ないオンライン英会話の一つがイングリッシュベルで、いつで …

イングリッシュベルのDMEメソッド

イングリッシュベルで採用されている目玉のレッスンと言われているのがDMEメソッド …

イングリッシュベルとネイティブ

イングリッシュベルは基本的にフィリピン人が在籍しているオンライン英会話となってお …

イングリッシュベルとスカイプ

イングリッシュベルはスカイプを使用する代表的なオンライン英会話で、レッスン料金を …

イングリッシュベルのダニエル先生

イングリッシュベルに在籍しているDaniel (ダニエル)先生は、数少ないネイテ …

イングリッシュベルのレベルテスト

イングリッシュベルに登録すると2回の無料体験レッスンを受けることができ、その内の …

イングリッシュベルとEラーニング

イングリッシュベルではDMEメソッドの自習用として、インターネットを利用した学習 …

イングリッシュベルの人気の先生

このページでは、イングリッシュベルに在籍している人気の先生を何人かご紹介していき …

イングリッシュベルの回線

インターネット回線を維持して少しでも安定させるために、イングリッシュベルの講師は …