オンライン英会話×カランメソッドの効果

オンライン英会話×カランメソッドの効果やいかに?

*

カランメソッドの注意点

      2017/08/06

このページでは、オンライン英会話でカランメソッドのレッスンを受ける上での注意点を幾つかご紹介しているので、受講する前に今一度確認しておいてください。

 

パターンに沿った回答をしなければならない

カランメソッドは先生の問いかけに対して生徒が受け答えを行う授業となっており、パターンに沿った回答をしなければならないという注意点があります。

「Yes」「No」といった短文ではなく、主語や述語が全て揃ったフルセンテンスで答えることが義務付けられているのです。

講師の問いかけによる単語と構造を使った文章で回答する練習を長期間に渡って行うことで、正しい英語の文法を身に付けることができます。

また、「He is not」ではなく「He isn’t」といったように、短縮形を用いて回答するようにしましょう。

 

レッスン中にテキストを見てはいけない

カランメソッドでは専用のテキストが用意されており、復習に役立てることができます。

しかし、レッスンの最中はテキストを見てはいけないという決まりになっており、先生が話す英語に集中しなければならないのです。

「テキストを見なければ答えられない」という生徒はいらっしゃるかもしれませんが、講師とのやり取りから学べることは非常に多いので、リスニングとスピーキングに集中することが大事だと説明できます。

 

できる限り早く回答する

カランメソッドではスピード感のある対話が行われるため、先生の質問に対してできる限り早く回答するクセを付ける必要があります。

先生は考える暇を与えずに質問を繰り返していくので、正しい回答をしなければならないと意気込むのではなく、間違えても早く答えることに慣れる方が重要なのです。

練習を積み重ねることでいちいち日本語に訳さなくても瞬時に答えられるようになり、英語脳の習得に一歩近づくことは間違いありません。

間違った回答をした場合は先生がその場で修正してくれるので、正しい受け答えを繰り返すことで少しずつ克服できるようになります。

 

最低でも1週間に2回から3回は受講する

「1週間に○回のレッスンを受けなければならない」と、カランメソッドでは明確に決められているわけではありません。

しかし、確かな英語力アップという効果を得たいのであれば、最低でも1週間に2回から3回程度は受講した方が良いと言えます。

オンライン英会話の多くは1レッスンが25分間と設定されており、最初のスモールトークで5分間を費やしてしまった場合、カランメソッドの授業を受けられるのは僅か20分間なのです。

1週間に1回と短ければいつまで経っても上達しないですし、英語脳を習得するのは困難だと心得ておく必要があります。

 

参考 イングリッシュベルの公式サイト

 

 - カランメソッドのデメリット

  関連記事

難しいカランメソッド

カランメソッドは12個のステージで構成されており、最後まで修了するのは非常に難し …

退屈なカランメソッド

個人によって感じ方は異なるので一概には説明できないものの、カランメソッドのレッス …

カランメソッドで上達しない

「カランメソッドで長い期間に渡ってレッスンを受けているのに全く上達しない」と嘆い …

カランメソッドのデメリット

「英語脳を鍛えられる」「TOEICのスコアアップに繋がる」など、カランメソッドに …

カランメソッドで挫折

カランメソッドのレッスンをオンライン英会話で受けていて、途中で挫折してしまうとい …

カランメソッドの問題点

「果たしてカランメソッドに問題点はあるのか?」という疑問を抱えている生徒さんはい …