オンライン英会話×カランメソッドの効果

オンライン英会話×カランメソッドの効果やいかに?

*

カランメソッドとビジネス英語

      2017/08/06

日常英会話とは大きく異なり、ビジネスシーンで使われる頻度の多い英語をビジネス英語と呼び、オンライン英会話で受講できるカリキュラムの一つとなっております。

専門的なカリキュラムが用意されていないオンライン英会話でも、ビジネス英語に関するテキストが取り入れられていれば学習できるはずです。

そこで、「カランメソッドでビジネス英語は受けられるの?」という質問をされる方がいらっしゃるかもしれません。

これはオンライン英会話によって大きく異なり、当サイトでご紹介しているQQEnglishであれば、カランメソッドのレッスン方式でビジネス英語の勉強ができるのです。

当初は取り入れられていなかったものの、グローバル化が進むにつれてビジネス英語を学習したいと考える生徒が増え、新カリキュラムの「business for callan」が登場しました。

「business for callan」では、通常のカランメソッドと同じようにセオリーに従って効率良く学習していき、使えるビジネス力を養成できます。

交渉の際の「Let’s get down to business, shall we?(それでは本題に入りましょう)」や、プレゼンテーションでの「Ladies and gentlemen,I’m very pleased to be with you.(このような機会にご一緒できて嬉しく思います)」など、様々な例文を使ってスキルを身に付けていくのです。

通常のカランメソッドでも進化したDMEメソッドでもイングリッシュベルでは同じレッスン料金で受講できるので、ビジネスシーンで活用できる英語力を身に付けるために入会してみてください。

 

参考 イングリッシュベルの公式サイト

 

ビジネス英語が難しい理由は?

ビジネス英語は難しいと感じている生徒は意外と多く、確かに日常英会話では使用しない表現が登場します。

時事ネタや政治ネタが急に飛び出してくるケースも珍しくなく、同じ言葉でも業界や企業によって意味合いが異なることがあるので非常に厄介なのです。

例えば、専務取締役という肩書きを英語表記する場合、「Executive Vice President」「Executive Director」「Senior Managing Director」など、幾つもの表現の仕方が考えられます。

しかも、日本での役職の表記が海外では違って解釈されることもあるため、ビジネス英語は厄介だと言われているのかもしれません。

そのため、初歩的な文法も理解していないような初心者の方がビジネス英語を学習するのは、カランメソッドでも通常の授業でも困難だと説明できます。

それでも、同じ英語である点では変わりありませんし、日常英会話の延長線上にあるのがビジネス英語だと考えられるので、段階を踏んで学んでいけば、「難しくて理解できない」という事態には陥らないでしょう。

焦って英語の学習をしても自分のためにならないので、ゆっくりと進めていくようにしてください。

 - カランメソッドの勉強方法

  関連記事

カランメソッドの学習時間

英語の勉強速度には個人差があるので一概には説明できないものの、カランメソッドでは …

カランメソッドの質問例

このページでは、カランメソッドの質問例を幾つか挙げていきます。 オンライン英会話 …

カランメソッドを活用できるソフト

カランメソッドを活用できるソフトはあるの? カランメソッドは「Lesson ro …

カランメソッドのステージ

オンライン英会話のレッスンで実施されているカランメソッドは12個のステージで構成 …

カランメソッドのペース

カランメソッドは12個のステージで構成されており、全てを修了するまでに標準のペー …

イギリス英語をカランメソッドで

カランメソッドはイギリス人のロビン・カラン氏が開発した英語を母国語としない人に向 …

アメリカ英語をカランメソッドで

カランメソッドのテキストはイギリスよりの編集がなされているため、アメリカ英語だけ …

カランメソッドのレベル

カランメソッドは個人のレベルに関係なく、誰でもオンライン英会話を利用して気軽に学 …

カランメソッドとディクテーション

カランメソッドでは講師と生徒が対話形式で高速の英会話を行うだけではなく、ディクテ …

自然にシャドーイング練習ができるカランメソッド

シャドーイングとは? シャドーイングは英語の代表的なトレーニング方法で、オンライ …